BLOG & NEWSブログとお知らせ

TOP > BLOG&NEWS > コラム > ジャネーの法則|大人になると時間が早く感じるのには理由があった!?

ジャネーの法則|大人になると時間が早く感じるのには理由があった!?

ジャネーの法則|大人になると時間が早く感じるのには理由があった!?

ジャネーの法則とは?

 

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則で、「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く感じられる」という現象を、心理学的に説明したもの、との事です。(Wikipediaより) 

ジャネーの法則を分かりやすく説明!

ジャネーの法則によると、時間の経過の早さは、年齢に比例して加速するとのことです。

例えば、同じ一年間でも

 

・1歳のときの一年は、全人生の1/1

・2歳のときの一年は、全人生の1/2

・5歳のときの一年は、全人生の1/5

・50歳のときの一年は、全人生の1/50

 

と、このように年を取るごとに人間が体感する一年は相対的に短くなります。

 

例えば、50歳の人間にとって一年の長さはたった人生の50分の1ほどですが、5歳の人間にとっては5分の1と、5歳にとっては1年が全人生の中で大きな比重となっています。

 

つまり、50歳の人にとっての10年間は、5歳の人にとっての一年間にあたり、5歳の人にとっての一日は、50歳の人にとっての10日にあたることとなります。



365(一年)×24(一日)×1/50=175.2時間(50歳の体感一年)

365(一年)×24(一日)×1/5=1752時間(5歳の体感一年)

 

175.2時間×10年間=1,752時間

1,752時間×1年間=1,752時間

 

この説によると、人生の折り返し地点が100歳を基準にすると20歳、80歳を基準にするとなんと10歳になるそうです!!

単純に数字で考えた折り返し地点と比べるとかなりの誤差がありますよね…

他の要因も・・・

加えて、人は経験したことがないことをやっているときは、それが強く意識に残り時間が長く感じます。
反対に、慣れてしまうと時間の長さが気にならなくなり、あっという間に時が過ぎたように感じます。


そのため子どもの頃は初めて体験することばかりで、毎日が新鮮で新しい出会いや発見があります。
しかし、大人になるにしたがって、新しい経験をする機会が失われます。
大人になると時間があっという間に過ぎ去ってしまったと感じるのは、
日々の生活に新鮮味がなくなるからという考え方もあるようです。

 

これらの要因も年を追うごとに年月が短く感じる現象に関係しているようです。

 

以上のことから人間が感じる年を取るごとに時間の経過が速く感じるという無意識な感覚はたまたまではなく、
ジャネーの法則を用いると数値として実際に早まっていることが分かります。